風俗好きがにじみ溢れる

手応えよりもまずはフィーリング

風俗で遊ぶ時にはあまり深く考えないようにと心掛けています。性的欲求ってシンプルなようで奥深いというか、こだわりだすとキリがない部分もありますよね。むしろこだわることによって自分の快感や楽しさを半減してしまっている部分もあると思うんですよ。それよりは、気楽に女の子と向き合った方が良いし、選ぶ際にも細かい理屈やそれまでの手応えだとかで考えるのではなくて自分のフィーリングで十分なんじゃないのかなって(笑)むしろそれでも楽しめるからこそ、風俗って気軽でいいんじゃないのかなって思いますね。深く考えなければ楽しめないような所ではこっちだって抵抗があると思うんですよ。それこそ何をするでもなく、本当に何も考えていないとしても楽しめるんです。そういった世界だからこそ、ありがたいなって気持ちになれるのもありますよね。ハードルが高いと結局「じゃあいいや」になってしまうかもしれないじゃないですか。でもそれもないですしね。

自分にも分かってきたことがある

そこまで風俗だけに没頭していたって訳ではない自分ですけど、それでもようやく分かってきたこともあるんですよね。例えばですけど、風俗嬢との距離感は近ければ近い程、満足度が高くなるとか。相手嬢とのコミュニケーションは、正直それまであまり意識したことがありませんでした。どうしても自分中心で考えてしまっていたんですけど、いろんな声を聴いて、ごもっともだなと。その点では風俗の体験談は自分にいろんなことを知らしめてくれるなって。風俗の体験談は、言わば口コミ的な意味合いの方が強いだろうって思っていたんですよ。つまりは細かいディティールをチェックするものではなくて、相手の女の子がどういった子なのかをチェック出来るものだって。でも、お客がどういった態度なのかや、何を心掛けているのかと言ったことまで分かるものでもあるなってことに気付かされるようになってきたんですよね。だから体験談は、実は風俗を楽しむための情報が散りばめられているんです。