風俗好きがにじみ溢れる

体が求め始めるんです

欲求不満になると、体が女体を求めるんですかね(苦笑)オナニーだけでは全然どうにもならないなってことに気付いてくるんです。だから風俗で遊んでしっかりと解消しなければならないなって思っているんですけど、風俗で遊ぶということは、それだけいろんなことがあるってことですよね(苦笑)本来であればリラックスして遊びたいところなんですけど、欲求不満になっている時にはどうしても自分も前のめりと言うか、風俗嬢に対しての思いが強まってしまいますね。オナニーをしても解消出来ないけど、風俗嬢であれば解消してくれる。行ってみれば風俗嬢が頼みの綱ってことですしね。だから風俗嬢に対してついつい期待値が高まってしまうのも仕方ないとは思いつつ、それでも理性で冷静を保とうって思って必死に頑張っています(笑)そのくらいしないと、やっぱりこっちとしてもいつまでも欲求不満でいるのもそれはそれで面倒なので、ちゃんと楽しみたいなって思いますよね。

テーマはずばり、快感です

性感マッサージを選ぶことが多いのは、それだけ自分の中で風俗に求めるテーマが確立されているからこそです。それは快感です。どれだけ気持ち良い時間を過ごせるのか。自分が風俗に求めているのはそれだけなんです。だから自分のことを気持ち良くさせてくれればそれで十分なので、相手のスタイル、顔。それらは気にしません。目をつぶっちゃえばそんなものは分からないじゃないですか(笑)自分の体にどれだけの快感を刻み込んでくれるのか。ただそれだけなんです。そうすると、理想の風俗は性感マッサージで決まりなんですよね。大げさじゃなく性感マッサージはまさに今自分が言った通りの風俗なんですよ。こちらが攻めるのではなく、女の子がこちらのために快感を刻み付けてくれるんです。まさに自分が求めているものがあるんです。それなら性感マッサージがベストな選択肢になりますよね。性感マッサージで女の子にいろいろなことをされている瞬間は、本当に幸せです。